富士土木ロゴ富士土木ロゴ
dsc_6400.jpg dsc04692.jpg dsc_4745.jpg dsc02943.jpg dsc_9029.jpg dsc02957.jpg dsc03005_.jpg dsc_9153.jpg dscf8697.jpg dsc_4875.jpg dscf5048.jpg dsc04681.jpg

富士土木は道のある風景をつくっています。
 
富士土木は道路舗装工事のプロ集団です。
誰もが安心して行き来できる道をつくること。
それが私たちの役割です。
一本の道が人、地域、文化を繋ぎ、新たな未来を拓く。
道をつくることは、まちの未来をつくること。
その誇りと責任を持ち、日々の業務にあたっています。

いい舗装は抜群のチームワークから。
 
最新式の機械や確かな技術はもちろんですが、私たちは「チームワーク」が何よりも大切だと考えます。
舗装工事は10~15人でチームを組み作業をします。
「レーキ」と呼ばれる道具で平らに均す人、ローラー機械を操縦する人…。
おのおのが自分の役割に責任を持ち、周りを見渡す広い視野を持ちながら工事を進めていきます。
チーム全員が協力、連携しながら、一本の「道」をつくり上げる。
そこから生まれる達成感、一体感こそが舗装工事の魅力だと考えます。

確かな仕事が高く認められています。
 
昭和43年の創業から半世紀。培った実績や確かな技術が高く評価されています。
宮城県の「優良建設工事施工業者表彰」をはじめ、これまでに多くの受注者から表彰を受けています。
技術力や施工力、地域貢献度などを点数化した宮城県の格付け評価は、最高位「Sランク」をキープ。
さらに、たくさんのご依頼主様に「仕上がりがきれい」「丁寧な仕事ぶり」と満足していただいております。
これまでも、これからも。「安全第一、高品質」をモットーに私たちはチャレンジを続けます。
低コスト化・効率化の追求や技術向上など、時代と地域のニーズに寄り添った施工を目指します。

モノづくりは、ヒトづくりから。
 
「モノづくりの原点はヒトづくりから」という考えから、スタッフの育成に力を入れています。
挨拶や時間厳守はもちろん、整理整頓ができ道具も大切に扱える。
そんな基本的なことを「きちんとできる人」が理想です。
決して難しいことではありませんが、日々の積み重ね全てがいい仕事、いい舗装につながります。
道路は硬く、頑丈に整備します。
でも、道路をつくる人間は周りを気遣える柔らかな心の持ち主でありたいと考えます。

本音が言える風通しのいい職場
 
当社はスタッフの年齢層が比較的若く、20代、30代も多数活躍しています。
熟練者から若手へ、その背中で技や心構えを伝える昔ながらの「職人の世界」を大切にする一方で、社内のコミュニケーションも密に。
本音で意見を交わせる風通しのいい職場を目指しています。
意識向上のために月1度、外部講師を招いたセミナーも開催。
「1級舗装施工管理技術者」「1級土木施工管理技士」といった現場管理に必要な資格取得も積極的にバックアップしています。
平成29年に新社屋が完成。土木業者のイメージを覆すような造りは、「新しい風」を受け入れる軽やかな社風を投影しています。

富士土木本屋外観

会社概要
 
商号:株式会社富士土木
業種:総合建設業
代表取締役:山村徳洋
設立:昭和50年12月(創業 昭和43年)
資本金:2,700万円
取引銀行:株式会社七十七銀行
従業員数:24名
所在地:〒989-6132 宮城県大崎市古川米袋字堤内9-1
電話番号:0229-23-4367
ファックス:0229-24-3576
 


 
業務内容
 
舗装工事・土木工事・外構工事・下水道工事
 

 
資格
 
宮城県知事許可(般-24)第6060号(土木工事業・とび土工・ほ装工事業)
1級土木施工管理技士、2級土木施工管理技士1級舗装施工管理技術者、2級舗装施工管理技術者
測量士
2級造園施工管理技士
 

 
主要取引先
 
順不同

宮城県、仙台国税局、大崎市、富谷市、遠田郡美里町
鹿島道路株式会社、前田道路株式会社、東北ニチレキ工事株式会社